ネアンデルタール人とデニソワ人の子ども、DNA解析で初めて確認

ロシアにあるデニソワ洞窟。発見された骨が、ネアンデルタール人の母とデニソワ人の父を持つ子どものものであることが分かった/Bence Viola/Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology

ロシアにあるデニソワ洞窟。発見された骨が、ネアンデルタール人の母とデニソワ人の父を持つ子どものものであることが分かった/Bence Viola/Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology

(CNN) 独マックス・プランク進化人類学研究所などのチームは22日、ロシアの洞窟で発見された5万年前の骨の断片について、ネアンデルタール人の母とデニソワ人の父を持つ子どものものであることが判明したと明らかにした。英科学誌ネイチャーに論文を発表した。

ネアンデルタール人とデニソワ人の間の子どもの存在が確認されたのは初めて。

ネアンデルタール人とデニソワ人はいずれもヒト族(ホミニン)で、現生人類に非常に近い。39万年前に系統が分かれたが、両者の出会いがなくなったわけではなかった。

論文の筆頭著者である同研究所のビビアン・スロン氏によれば、ネアンデルタール人とデニソワ人が子どもをもうけていた可能性は以前の調査でも指摘されていた。しかし、実際の子孫を発見できるとは思っていなかったという。

骨は13歳の少女のもので、シベリアのアルタイ山脈にあるデニソワ洞窟で2012年に発見された。この洞窟では、デニソワ人やネアンデルタール人の他の骨も見つかっている。

研究者は今回、「デニソワ11」と名付けられた少女のゲノム解析に成功。この結果、ネアンデルタール人とデニソワ人の子孫の第1世代であることが分かった。

デニソワ人については、その存在を示す骨がわずかしか見つかっておらず、科学者の頭を悩ませている。

ネアンデルタール人とデニソワ人の全DNA解析に初めて成功したのは2010年で、そこから現生人類の祖先と交配していたことが明らかになった。

交配は現生人類が5万年前にアフリカ大陸を出た際に起きたとされる。約4万年前には、ネアンデルタール人とデニソワ人は人類に取って代わられた。両者の遭遇はその前に起きていたとみられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]