宝石表面に精巧な彫刻、先史時代の遺物で新発見 ギリシャ

3500年前の権力者の姿がよみがえる

(CNN) ギリシャ南西部のピュロスで約3500年前のものとみられる王族の墳墓を調査中の研究者らがこのほど、発掘された数多くの遺物の1つである3.6センチの宝石の表面に極めて精巧な彫刻が施されていることを発見した。青銅器時代のギリシャ美術に対する従来の理解に一石を投じる成果ともいえそうだ。

当該の墳墓は米シンシナティ大学が主導する考古学の研究チームが2015年に発掘。人骨のほか、青銅の刀剣や金の宝飾品など1400点を超える副葬品が出土していた。

今回見つかった宝石もこれらの副葬品の1つで、当初は石灰岩でできた楕円(だえん)球形の装飾品と思われていた。しかし表面の石灰岩の下には、非常に細かい彫刻が施された宝石の原石が隠れていたことが明らかになった。

彫刻に描かれているのは、裸に近い姿の戦士たちによる闘いの場面。1人が対峙(たいじ)する相手の頭部目がけて剣を突き立てようとしている。その足元には力尽きたとみられる別の戦士が横たわっている。

発掘調査を主導したシンシナティ大学のシャロン・ストッカ―氏によると、従来の研究では、青銅器時代の職人が持つ技能や道具でこれほどまでに緻密なデザインをわずか3.6センチの宝石の表面に描くことは不可能と考えられていた。

この宝石は特定の個人を証明する印章石と呼ばれる品の1つ。紀元前2600年から1100年にかけてのミノア、ミュケーナイ両文明に関する調査では、これまでこうした印章石の存在が1万1000個確認されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]