カエルの粘液、インフルエンザの特効薬に? 米研究

インフルエンザウイルスのイメージ図。表面の突起の種類によって細かく分類される

インフルエンザウイルスのイメージ図。表面の突起の種類によって細かく分類される

このうち4種類のペプチドにウイルスを攻撃する動きがみられ、中でもウルミンは人間の細胞に害を及ぼさないことが判明した。

そこで、1930年代から現在までのインフルエンザウイルスに対するウルミンの作用を調べたところ、H1のタイプだけを全て殺すことが分かったという。

ジェイコブ准教授はその理由について、H1のウイルスはウルミンの本来の標的である両生類の病原体と構造が似ている可能性があると指摘する。

チームによれば、ウルミンはH1タイプの突起の支柱に当たる部分を破壊するため、ウイルスが粉々に砕けるほどの威力を発揮するという。

カエルに殺菌作用があることは、実はロシアで古くから知られていた。牛乳に生きたカエルを放り込んでおくと腐敗せず、まるで冷蔵庫に入れたように新鮮さを保つことができたと、ジェイコブ准教授は説明する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]