アルコール消費「3割減」、ただし密造酒が急増 ロシア

ロンドン(CNNMoney) ロシア当局は25日までに、2016年にロシアの成人が消費した純アルコールの量は10リットルと2009年と比較して33%減少したと明らかにした。世界保健機関(WHO)によれば、世界平均は同6.2リットル。ただし、消費量減少の背景には、公式統計には登場しない安価で違法な密造酒の消費量が急増していることと関係がありそうだ。

市場調査会社ユーロモニター・インターナショナルによれば、ロシアでは現在、アルコール販売全体に占める違法なウオツカの割合が30~50%に達するという。

ユーロモニターの主任アナリストによれば、税金の引き上げや国内経済の低迷が密造酒の消費増加の背景にあるという。

ユーロモニターによれば、ロシアの公式なアルコール市場は09~16年に毎年5%の減少を見せた。しかし、密造酒の消費量は、国際的な制裁や原油価格の低迷が収入を直撃したことで急増した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]