F22に2万匹のミツバチ群がる、飛行できず

地元の養蜂家がハチを除去

地元の養蜂家がハチを除去

同航空団整備隊の品質管理責任者、グレッグ・アレン氏は、これほど大量のミツバチが航空機の排気口に集まった理由として基地内の別の大きな巣から移ってきた可能性が考えられると指摘する。同氏も養蜂家。

ウエストリッチ氏は、女王バチが休息のためにF22に止まり、女王バチについてきた他のハチとともに同機に偶然集まった可能性があるとの見方を示した。

ハチを除去した後、同機は再び飛行任務に復帰した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]