クリスマスの東京に「歩くツリー」が出没

東京の「走るクリスマスツリー」

(CNN) 東京の街に最近、「歩くクリスマスツリー」が出没して注目を集めている。日本在住の英国人男性が手作りで完成させたコスチュームだ。

ジョセフ・テイムさんの本業はビデオやデジタルメディアの制作。ライトと飾りを付けたクリスマスツリーのコスチュームは、60日かけて完成させた。

「東京のあちこちできれいなイルミネーションを見かける。イルミネーションのない場所にもこの楽しみを広めることができれば、と考えたのがきっかけ」――テイムさんはCNNとのインタビューでそう語った。「人々を思いがけないところで笑顔にするのが好き」だという。

アルミの軸に2つのリュックサックをかぶせ、そこへ人造ツリーの枝を差していく。99個の電池と30メートルのコードを使って仕上げた。

街に出始めたのは先週。1回に数時間ずつ、ツリー姿で歩き回る。大声で笑いだす人、驚いて叫ぶ人など、大きな反響が巻き起こる。「なにをしているの」と尋ねてくる人には、「クリスマスツリーになっているんだ」と答えを返す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]