月への旅費は4000円? アポロ11号飛行士が伝票公開

アポロ11号で月に向かうバズ・オルドリン氏=NASA

アポロ11号で月に向かうバズ・オルドリン氏=NASA

(CNN) 46年前にアポロ11号で月面に降り立った宇宙飛行士、バズ・オルドリン氏が最近、ツイッターで当時の手続き書類などを次々に公開している。月への往復旅費として33.31ドル(現在のレートで約4100円)と記入した伝票もある。

旅程のリストにはヒューストン、ケネディ宇宙センター、月、太平洋、ハワイと地名が並ぶ。旅費として示された金額は、実際にはオルドリン氏が地上で使った車の分とみられる。インフレを考慮して換算すると、現在の217ドル前後に相当する。

旅行中は政府から「食事と宿舎」が提供され、ロケットの燃料はありがたいことに「支払いの必要なし」となっていた。

オルドリン氏のツイートによれば、たとえ宇宙旅行でも税関への申告は免れない。アポロ11号に乗り込んだニール・アームストロング船長、マイケル・コリンズ飛行士と同氏の3人が帰還時に署名した申告書も紹介された。持ち込む物品は「月の石とほこり」と記入してある。

ハワイ・ホノルル空港の書類は、乗組員に乗り物酔い以外の病気やけががないことを確認しているが、「病気の伝染を起こす恐れ」については「不明」と心もとない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]