米国は「睡眠大不況」 対処法は?

若者の間で睡眠時間が減っている

若者の間で睡眠時間が減っている

世代に関係なく睡眠不足が心身のさまざまな不調を引き起こすことは知られている。過食や脳の萎縮を引き起こし、2型糖尿病の誘因にもなる。刺激への反応が遅れるせいで自動車の運転が下手になる可能性があるほか、記憶違いを発生させる恐れもあるという。

では私たちはいったいどのくらい眠るべきなのか。全米睡眠財団が先ごろ発表した、1日当たりの推奨される睡眠時間を見てみよう。

・新生児(0~3カ月) 14~17時間

・乳児(4~11カ月) 12~15時間

・幼児(1~2歳) 11~14時間

・就学前児童(3~5歳) 11~14時間

・就学児童(6~13歳) 9~11時間

・ティーン(14~17歳) 8~10時間

・ヤングアダルト(18~25歳) 7~9時間

・成人(26~64歳) 7~9時間

・高齢者(65歳以上) 7~8時間

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]