長時間の着席、がんの発症リスク高まる 米調査

長時間イスに座っているとがんの可能性が高まるとの研究結果が

長時間イスに座っているとがんの可能性が高まるとの研究結果が

(CNN) 毎日長時間座っていると特定の種類のがんを発症するリスクが高まる可能性があることが18日までに分かった。米国立がん研究所(NCI)の学術機関誌に掲載された新たな研究結果から明らかになった。

この研究によると、1日に座っている時間が2時間増えると、大腸がんのリスクが8%、子宮内膜がんのリスクが10%、肺がんの6%高まるという。しかし、乳がんや直腸がん、卵巣がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫(しゅ)に関しては、このような関連性は見られなかった。

研究者らはこの結論を導くために、400万人以上の被験者と6万8936人のがん患者を含む43件の既存の研究を分析し、座っている時間と特定の種類のがんの発症率との関連性を調べた。

しかし注意すべきは、たしかにこの研究で座っている時間と一部のがんの発症率の間に関連性は確認されたが、因果関係が証明されたわけではないということだ。

アラバマ大学バーミンガム校で外科腫瘍(しゅよう)学の責任者を務めるマーティン・ヘスリン医師は「座ってテレビを見ていると大腸がんになるのかというと、そんなことはない」としながらも、「研究から得られた提言はすばらしい」と語る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]