アルゼンチンで巨大な恐竜の化石発見、世界最大級の可能性

世界最大級の化石発見 アルゼンチン

(CNN) 南米アルゼンチンの古生物博物館は18日までに、同国南部のパタゴニア地方で約9500万年前の中生代後期に生息していたとみられる巨大な草食性恐竜の化石を発見したと報告した。世界最大の恐竜だった可能性があるとしている。

報道発表文によると、全長が約40メートルで体重は約80トンと推定。草食のティタノサウルスの種類とみられている。

今回の発見に大きな役割を果たした同博物館の恐竜の専門家は、体重はゾウ14頭分に相当すると述べた。全長はトレーラートラック2台分に等しい。

この化石は2011年、トレーレウ市から約260キロ離れたパタゴニア地方の遠隔地を調べていた科学者が発見。同博物館は化石約200点が見付かった場所を「恐竜の墓地」と形容している。

発掘したところティタノサウルス7頭分の標本を収集した。脱水や泥土にはまりこむなどして集団で死んだと推測されている。また、肉食の恐竜の歯が60個以上見付かり、死んだティタノサウルスに食い付いた可能性があった。

同博物館の専門家は、歯が残っていたことについて肉食の恐竜が噛み付いた時、体の皮膚が硬かったことなどが原因と見ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]