キュリオシティ火星着陸から1年、自分に記念演奏

キュリオシティの1年を振り返る

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」が、6日で火星着陸から1年を迎えた。5日夜には本体に搭載した楽器で、自分のために「ハッピーバースデー」を演奏したという。

キュリオシティは米国時間の2012年8月6日、火星への着陸に成功。直後に到着を知らせるかのように、自分の影を写した写真を送ってきた。

目の役割を果たすカメラを通じて人類未踏の地を見せてくれるキュリオシティを、NASAの担当者は親しみを込めて「she(彼女)」と呼ぶ。

25億ドル(約2400億円)をかけたミッションでは、かつて水が流れていたと考えられる「ゲイルクレーター」を探検し、生命が存在していた痕跡を探っている。

これまでの探査では火星で初めての掘削も実施。NASAはドリルに付いた砂ぼこりを分析した結果、かつて生命が存在できる環境が火星にあったことが確認されたと発表している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]