「茅台酒」入りのアイスクリーム 中国・貴州省の店舗で発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
店内で販売されるハート型のアイスクリーム/VCG/Getty Images

店内で販売されるハート型のアイスクリーム/VCG/Getty Images

その後さらに抹茶やチョコ、青梅など14種類のフレーバーを展開する予定。最も高価なフレーバーは1個100人民元を超えるという。

すでにSNS上で話題になり、「酒は高くて買えないが、アイスなら手が届く」「北京店オープンはいつだろう」といった投稿が相次いでいる。

アイスに続き、茅台酒入りチョコやコーヒー、ミルクティーの登場を期待する声もある。

「茅台酒」入りのアイスクリームが販売されるアイスクリーム店=19日、中国貴州省の茅台国際ホテル内/VCG/Getty Images
「茅台酒」入りのアイスクリームが販売されるアイスクリーム店=19日、中国貴州省の茅台国際ホテル内/VCG/Getty Images

アイスは中国の乳製品大手、蒙牛乳業の牛乳1キロにつき50グラムの茅台酒が入っていて、アルコール度は3%。食べたら運転しないよう呼び掛け、未成年者には販売しない。

中国では過去にも白酒入りのピザやグミが発売されたことがある。北京市内のシェフは、油で揚げた白酒ケーキを考案して話題を呼んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]