米エクソン、環境活動家の取締役が3人に ヘッジファンドが推薦

エクソンモービルが所有する石油精製所=2020年2月28日、米ルイジアナ州バトンルージュ/Barry Lewis/In Pictures/Getty Images

エクソンモービルが所有する石油精製所=2020年2月28日、米ルイジアナ州バトンルージュ/Barry Lewis/In Pictures/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米石油メジャーのエクソンモービルは2日、環境活動家のヘッジファンドが推す取締役候補の3人目が取締役に就任する見通しだと発表した。

先週開かれた株主総会の投票の集計はまだ続いており、結果は確定していない。

エクソンは総会後にヘッジファンドのエンジン・ナンバーワンが推薦する2人が取締役に就くと発表。2日になって、3人目が同社の推薦した候補を退けたと明らかにした。

同社の推薦候補は取締役12人中9人を占める形となる。

ダレン・ウッズ会長兼最高経営責任者(CEO)は「すべての取締役とともに、長期的な株主価値向上と低炭素の未来での成功に向けて積み上げた進歩を強化できるよう、取り組みを進めることを期待する」と述べ、株主に謝意を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]