米テスラ、S&P500種銘柄に採用 12月から

米EVメーカーのテスラが、12月からS&P500種銘柄に採用される/Kent Nishimura/Los Angeles Times/Getty Images

米EVメーカーのテスラが、12月からS&P500種銘柄に採用される/Kent Nishimura/Los Angeles Times/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米金融サービス大手S&Pグローバルは16日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラを12月21日からS&P500種株価指数の構成銘柄に採用すると明らかにした。

テスラの時価総額は約3870億ドルで、トヨタ自動車やウォルト・ディズニーなどの企業を上回る。

S&P500種の採用基準は、本社が米国にあることや82億ドル以上の時価総額、高い流動性、4四半期連続の黒字など。

テスラが10月に発表した第3四半期の決算は特別項目を除いた利益が8億7400万ドルと5四半期連続の成長を見せた。

テスラと入れ替わる銘柄は後日発表される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]