アメリカン航空の操縦士労組、中国便停止求め提訴 新型肺炎受け

米アメリカン航空の労働組合は米中間の運航停止を求める訴訟を起こした/Daniel Slim/AFP/Getty Images

米アメリカン航空の労働組合は米中間の運航停止を求める訴訟を起こした/Daniel Slim/AFP/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米アメリカン航空の操縦士でつくる労働組合は31日までに、新型コロナウイルスによる肺炎が「深刻な健康上の脅威」を及ぼしているとして、米中間を結ぶ航空便の運航停止を求める訴訟を起こした。

訴訟はテキサス州ダラスの裁判所に提起されもので、感染拡大が続く間の運航停止を命じる「緊急差し止め命令」を求めている。

労働組合のトップは声明で「乗員と乗客の安全および健康は、常に我が社の最優先事項でなくてはならない」と指摘。英ブリティッシュ・エアウェイズやカナダのエア・カナダ、独ルフトハンザなどが中国便の運航を停止したことに言及した。

コロナウイルスによる新型肺炎は昨年12月に湖北省武漢で発生し、中国全土に感染が拡大したほか、米国や日本、インドなどでも患者が確認されている。世界保健機関(WHO)は30日、スイスのジュネーブで緊急会合を開き、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。

中国国内の感染例は既に2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を超え、中国本土では30日の時点で9692例が確認されている。死者数は計213人。

アメリカン航空は28日、2月9日から3月27日までの期間、ロサンゼルスから中国本土に向かう2路線の運航を停止すると表明。理由として「大幅な需要の落ち込み」を挙げていた。

これに対し、操縦士組合の訴訟では、アメリカン航空が2月9日以前には欠航や運休の措置を講じないことに言及。米国最大のハブ空港であるダラス・フォートワース空港を出発する便について即時の運航停止を求めている。

アメリカン航空のコメントは得られていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]