2019年の中国自動車販売、2年連続の前年割れ

19年の中国の新車販売台数が2年連続前年割れとなった/Natalia Fedosenko/TASS/Getty Images

19年の中国の新車販売台数が2年連続前年割れとなった/Natalia Fedosenko/TASS/Getty Images

香港(CNN Business) 中国で2019年に販売された新車の数は前年比8.2%減の2580万台弱だったことがわかった。中国汽車工業協会が発表した。前年割れは2年連続。

2018年の減少幅は約3%で、1990年代以降で初の前年割れだった。2019年12月の販売台数は0.1%減と18カ月連続での減少となった。

軟調な経済成長や米国との貿易摩擦、新たに導入された排ガス基準などによって自動車市場は悪化した。

2020年の見通しは持ち直してきているものの、業界団体の予想によれば、2%の減少が見込まれている。

電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車といった新エネルギー車(NEV)は4%減の121万台だった。

中国は、2025年までに、自動車販売に占める新エネルギー車の割合を少なくとも5分の1にしたいと考えている。しかし、景気の減速や補助金の引き下げなどのために需要は限られている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]