中国のパイロット、飛行中の操縦室に一般女性招き入れる 終身乗務禁止

操縦席に座ってVサインをする女性の写真がインターネット上で拡散した/Aaaaquarious / Weibo

操縦席に座ってVサインをする女性の写真がインターネット上で拡散した/Aaaaquarious / Weibo

香港(CNN) 中国・桂林航空のパイロットが飛行中、操縦室に一般人の女性を招き入れていたことが発覚し、終身乗務禁止の処分を受けた。

操縦席に座ってVサインをする女性の写真が、インターネット上で拡散した。「機長にすごく感謝」というコメントが添えられている。

写真は女性が自ら中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」に投稿した。中国の航空ブロガーが3日に見つけ、桂林航空機の飛行中に撮影されたことを突き止めた。

女性はその後、写真を取り下げたが、ブロガーの投稿には2万2000件の「いいね!」が集まっている。

桂林航空は、問題の写真が今年1月4日、中国南部の桂林から東部の揚州へ向かう便の中で撮られていたことを確認。4日の声明で、パイロットを終身乗務禁止とし、調査を進める間、ほかの乗務員らの乗務も停止すると発表した。

同航空は、飛行中の安全を脅かす行為は一切容認しないと改めて強調。再発を防ぐために安全基準を強化する方針を示した。

中国共産党機関紙の人民日報によると、女性は桂林にある観光大学の客室乗務員養成コースで学んでいる。パイロットと個人的なつながりがあったのかどうかは明らかでない。

中国では昨年も、深セン東海航空のパイロットが飛行中に妻を操縦室へ招き入れたとして、6カ月の乗務禁止処分を受けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]