米ボーイング、737MAX墜落事故の遺族に108億円支払いへ

ボーイングが墜落事故の遺族の支援に108億円を拠出すると発表/Adrian Dennis/AFP/Getty Images

ボーイングが墜落事故の遺族の支援に108億円を拠出すると発表/Adrian Dennis/AFP/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米大手航空機メーカーのボーイングは4日までに、新型旅客機「737MAX」の2度の墜落事故で死亡した人々の遺族らを支援するため、1億ドル(約108億円)を支出すると発表した。

ボーイングの声明によると、上記の資金は非営利組織や地域団体に支払われ、そこから遺族のための複数の基金に分配される。用途としては遺児たちの教育支援並びに事故の影響で経済的に困窮した世帯向けの生活費が想定されているという。

737MAXは昨年10月にインドネシア沖で、今年3月にエチオピアで墜落事故を起こし、計346人が死亡した。ボーイングに対し訴訟を起こしている遺族からは、今回の資金拠出の申し出に否定的な見方が出ている。

遺族らの弁護士を務めるボブ・クリフォード氏は、電子メールによる声明で「この種の申し出をするにはあまりに時期尚早。訴訟は始まったばかりだというのに、前代未聞だ」「事故についてはまだ多くを解明する必要があるのだから、こうした申し出は不誠実にも思える」と批判した。

そのうえで、遺族らは現金よりも家族の遺体を墜落現場から回収することの方を望んでいると強調した。同氏によれば、これまでのところ遺体の回収は、手続きの煩雑さなどから遅々として進んでいない。

ボーイングの広報担当者は、当該の基金からの拠出を受ける人々について、同社に対する訴訟を取り下げるよう求められることはないと説明した。同社への訴訟に関するそれ以上のコメントは控えた。

墜落事故を受け、航空各社は737MAXの飛行を停止。このため毎週数百の便が欠航を余儀なくされている。現時点で、同機体の運航再開のめどは立っていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]