米国産天然ガスは「フリーダムガス」、施設拡張へ政府高官が力説

米エネルギー省が、輸出に向けた天然ガス製造施設の拡張計画を発表した/David McNew/Getty Images

米エネルギー省が、輸出に向けた天然ガス製造施設の拡張計画を発表した/David McNew/Getty Images

ワシントン(CNN) 米エネルギー省高官が、テキサス州の天然ガス施設拡張に関する発表の中で、米国産の天然ガスを「フリーダムガス」「米国の自由の分子」と形容した。

エネルギー省は29日、同州キンタナ・アイランドにある輸出用の液化天然ガス製造施設「フリーポートLNGターミナル」の拡張計画を発表した。拡張によって建設やエンジニアリングなど推定3000人の雇用が創出されるとしている。

エネルギー省のマーク・メネゼス次官は発表の中で、「フリーポートLNGからの輸出能力を拡大するプロジェクトは、フリーダムガスを世界中に広めるために不可欠だ」と力説した。

同省はカナダのバンクーバーで開かれたクリーンエネルギーに関する閣僚会議でこの発表を行った。

輸出命令に署名した同省化石エネルギー担当のスティーブン・ウィンバーグ次官補は、「米国の自由の分子を世界に輸出できる効率的な規制制度推進のため、エネルギー省が尽力していることをうれしく思う」と述べている。

フリーポートLNGターミナルは拡張によって、液化天然ガスの輸出能力を2020年までに現在の2倍に拡大することを目指す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]