トランプ米政権、太陽光パネルと洗濯機にセーフガード発動

米国の消費者は洗濯機の値上がりを覚悟する必要があるという

米国の消費者は洗濯機の値上がりを覚悟する必要があるという

洗濯機は韓国のサムスン電子、LG電子が韓国内やメキシコで製造している。米国の家電大手ワールプールが11年に両社のダンピングを訴えていた。

専門家によると、米国内の消費者は洗濯機の値上がりを覚悟する必要がある。

トランプ政権は貿易相手国への強硬姿勢を強めている。ライトハイザー氏らは最近、米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉に着手したほか、23日には北米自由貿易協定(NAFTA)見直しをめぐる交渉を再開する。トランプ氏は90日以内に鉄鋼やアルミニウムへの関税措置についても決定を下すことになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]