ブラックフライデー、銃がヒット商品に 売り上げ軒並み急増

ブラックフライデー商戦で銃の売り上げが急上昇した

ブラックフライデー商戦で銃の売り上げが急上昇した

ニューヨーク(CNNMoney) 小売店やネット通販が値引きセールを展開する米国のブラックフライデー商戦で、トランプ政権誕生以来、不審続きだった銃の売り上げが急上昇したことが28日までに分かった。

ニュージャージー州の銃販売店RTSPでは、24日のブラックフライデー当日の売り上げが昨年を上回り、週末にかけても今年2月以来最多の売り上げを記録した。

アトランタ郊外の販売店シャープシューターズUSAでも、売り上げ数、利益幅とも昨年を上回り、「ブラックフライデーは本当に素晴らしかった」と経営者は喜びを隠さない。

米連邦捜査局(FBI)の身元審査件数もブラックフライデー当日に最多を記録。24日に行われた銃購入時の身元審査件数は20万3000件に上った。

ホリデーシーズンや狩猟シーズンを控えたブラックフライデーは毎年、1年の中で最も銃の売れ行きが伸びる。この日の身元審査は2016年の18万5000件がこれまでの最多だった。

シャープシューターズUSAでは、スミス&ウェッソン製の拳銃や、モスバーグ製の護身用散弾銃がよく売れたという。半自動式拳銃用の弾丸や、ライフル銃用の弾丸の売れ行きも好調だった。

米国では2016年の大統領選以来、トランプ大統領が誕生して共和党が与党になれば銃規制強化の展望は薄れるとの見方から、銃の売れ行きが落ち込んでいた。

ブラックフライデーにはレミントンなどの大手が積極的な値引きや宣伝を展開。小売りチェーンのカベラスは店内にヘラジカやゾウなどの剥製を展示し、銃や銃弾の小売り各社もサイバーマンデーの27日までバーゲンを実施した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]