独VW、トヨタを抜いて首位 上半期の販売台数

トヨタが首位から転落

トヨタが首位から転落

ロンドン(CNNMoney) 世界の自動車メーカーが発表した2015年上半期(1~6月)の販売台数で、独フォルクスワーゲン(VW)がトヨタ自動車を抜いて首位に立った。

VWの販売台数は約504万台と、前年同期からわずかに減少した。一方、昨年までトップを維持していたトヨタは前年同期比1.5%減の502万台にとどまった。

自動車メーカーは各社とも中国やロシアの需要低下に直面している。

VWは最大の市場である中国で販売台数を4%近く減らしたものの、北米では6%増となった。

トヨタも北米では増産したが、部品メーカー「タカタ」製のエアバッグの不具合で大量のリコール(回収・無償修理)を余儀なくされた。

VWグループは傘下にアウディ、ポルシェという高級車ブランドも擁している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]