荷物係が貨物室で居眠り、アラスカ航空緊急着陸

荷物係が貨物室で居眠り、アラスカ航空緊急着陸

(CNN) 米シアトルの空港を発ったアラスカ航空の米国内便旅客機が13日、機内で不審な物音が聞こえたことから離陸直後に引き返して緊急着陸した。

緊急着陸したのはシアトル発ロサンゼルス行きのアラスカ航空448便。壁をたたくような物音が聞こえたため、機長の判断で引き返した。飛行していた時間はわずか14分だった。

同航空によれば、着陸した機体を調べたところ、機体前部の貨物室の中から荷物係の男性が見つかった。男性は手荷物の積み下ろしなどの業務を担うメンジーズ・エイビエーション社の従業員で、当局の調べに対し、居眠りをしてしまったと話しているという。

貨物室は加圧され、気温も調節されていたことから男性の健康状態に問題はなさそうな様子だったが、念のために近くの病院に運ばれた。詳しい経緯については当局が調査を進めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]