スタバの「人種問題」キャンペーンに非難集中

(CNNMoney) 「人種差別の問題について一緒に考えませんか」――米スターバックスが米国の一部の都市で、来店客に呼び掛けるキャンペーンを開始したのに対し、インターネット上で非難が集中した。

米国では最近、白人警官が黒人の市民を死亡させるケースが相次ぎ、人種問題を巡る緊張が高まっている。

その中心となっているセントルイスやニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、オークランドといった都市のスターバックスで、店員が来店客の紙コップに、人種の共存を意味する「Race Together」の文字を書いて渡すキャンペーンを始めた。

これをきっかけに議論を深めてもらおうという趣旨だったが、「出勤前の至福の時間にはそぐわない話題だ」など、反発する声が続出。

広報担当副社長のコーリ・デュブロワ氏はツイッター上で個人攻撃の嵐を浴び、あまりのひどさに16日夜から17日にかけていったんアカウントを閉鎖したという。

米実業界では人種問題がタブー視されることも多いが、スターバックスは数カ月前から、従業員同士がこの問題を議論するフォーラムを開催するなど、社内での取り組みを進めてきた。18日の株主総会ではキャンペーンの内容をさらに詳しく発表する予定。一部地域では警官や住民らとの公開討論会も開催する。

デュブロワ氏は17日、CNNMoneyへのメールで「気持ちのいい話でないことは分かっているが、居心地の悪い思いをしてでも取り組むべき問題だ」との見解を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]