アップル、新しいApple WatchやiPad発表 定額サービスまとめて提供も

アップル、新Apple WatchやiPad発表

サンフランシスコ(CNN Business)  米アップルは15日に開いたオンライン製品発表会で、腕時計型端末「Apple Watch(アップルウォッチ)」やタブレット端末「iPad(アイパッド)」の新製品、複数の定額制サービスを組み合わせた「Apple One(アップルワン)」を発表した。

第6世代となる「Apple Watch Series 6」は新型コロナウイルスの時代に合わせて、血中の酸素濃度を測定できる機能や、手洗いを自動的に検出する機能、自宅での運動を支援する機能などが加わった。

米国での販売価格は399ドル(約4万2000円)、携帯電話通信機能を内蔵したモデルは499ドル。いずれも18日に発売する。

一方、酸素濃度測定などの機能を搭載しない「Apple Watch SE」は279ドルから。半導体の性能はSeries 6に比べると低速だが、199ドルの「Series 3」に比べると2倍になる。

今後のApple Watchには、USB電源アダプターは付属しない。家庭の電源コンセントにつないで充電したい場合、手持ちのアダプターがなければ別途購入する必要がある。

アップルによると、第8世代のiPadは一日中持続できるバッテリーを搭載し、グラフィック性能や処理速度の高速化、カメラ性能の向上を図った。ディスプレーのサイズは10.2インチ。「A12 Bionic」チップの搭載で、「これまで以上にパワフル」とアピールしている。

こちらも18日に発売予定で、価格は329ドルから。発表会の中でアップルは、グーグルへの対抗心ものぞかせ、グーグルの「Chromebook(クロームブック)」に比べて新しいiPadは6倍速いと強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]