ハマスとの戦争終結なら辞任も イスラエル極右閣僚が示唆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イスラエルのベングビール国家安全保障相/Abir Sultan/Pool/AFP/Getty Images

イスラエルのベングビール国家安全保障相/Abir Sultan/Pool/AFP/Getty Images

(CNN) イスラエルの極右政党「ユダヤの力」を率いるベングビール国家安全保障相は、同国がイスラム組織ハマスとの戦争終結を決めた場合、自身は政権から退くとの意向を示唆した。

ベングビール氏は同党の会合で、「もし戦争をやめるなどという決定が下されたら、私は政権の一員でなくなるだろう」と言明。強硬派の同党が現政権の一角を担うことは、国土に強く影響しているとも強調した。

CNNと提携するイスラエルの公共放送KANが、この場面の映像をSNSに投稿した。

同氏はこれまでも同様の発言を繰り返してきた。昨年11月末に戦闘が一時休止された時も、休止期間後すぐにパレスチナ自治区ガザ地区への攻撃を再開しなければ、政権から外れるつもりだと宣言していた。

「人道危機」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]