ウクライナ、占領下のドネツク州に14年以降で最大の攻撃 ロシア任命の当局者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
砲弾による損傷がみられるドネツク教会の建物/AP

砲弾による損傷がみられるドネツク教会の建物/AP

クレムジン氏がテレグラム上で公開した写真には、住宅や商業ビル、大聖堂が被害を受けた様子が写っている。

ロシア国営メディアによると、現時点で負傷者の報告はない。

一方、ロシアもウクライナ南部ヘルソン市に対して夜間に新たな攻撃を仕掛け、南部の戦況は一段と激しさを増した。ウクライナ軍は先月にヘルソンを奪還していた。

煙が立ち込めるウクライナ・ヘルソンの街/Artur Widak/Anadolu Agency via Getty Images
煙が立ち込めるウクライナ・ヘルソンの街/Artur Widak/Anadolu Agency via Getty Images

地元軍政当局のトップによると、ヘルソンは過去24時間のうちに火砲や多連装ロケットシステム、戦車、迫撃砲、無人機(UAV)による攻撃を86回受けた。

15日にはロシアの砲撃によって少なくとも2人が死亡、3人が負傷。14日には3人が死亡、8歳の男の子を含む13人が負傷したという。

「ロシア」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]