ロシア将官がまたも戦死、ドンバス地方で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) ロシア国営メディアは7日までに、戦争特派員が5日に通信アプリ「テレグラム」に投稿した内容を基に、ロシアの将官がウクライナ東部ドンバス地方で戦死したと報じた。

ロシア国営メディアとウクライナ軍はこの将官の身元をロマン・クトゥーゾフ氏と特定した。

国営メディア「ロシア24」は特派員のテレグラムチャンネルを基に、空挺(くうてい)部隊出身のクトゥーゾフ氏が攻撃を率いる中で戦死したと報じた。

ウクライナ軍もクトゥーゾフ氏が死亡したと発表。フェイスブックへの投稿で「ドネツク人民共和国(DPR)第1軍団の指揮官だったロマン・クトゥーゾフ少将が正式に非ナチ化、非武装化された」と述べた。

ウクライナの独立系通信社UNIANの記者によると、ドネツク人民共和国に派遣される前、クトゥーゾフ氏はロシア東部軍管区に属する第29諸兵科連合軍の参謀長を務めていた。 

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]