侵攻のロシア軍、計1873の教育機関を破壊 ウクライナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
破壊された学校の残がい。ウクライナ当局は、ルハンスク州ビロホリウカ村へのロシア軍の攻撃で地下に避難していた60人が死亡したと述べた=13日/Yasuyoshi Chiba/AFP/Getty Images

破壊された学校の残がい。ウクライナ当局は、ルハンスク州ビロホリウカ村へのロシア軍の攻撃で地下に避難していた60人が死亡したと述べた=13日/Yasuyoshi Chiba/AFP/Getty Images

(CNN) ウクライナのゼレンスキー大統領は21日夜の演説で、ロシア軍が今年2月下旬に侵攻して以降、これまで1873に達する教育関連機関を破壊したことを明らかにした。

甚大な規模の損失とも主張した。1873の数字には、ロシア軍の砲撃で損傷などを被った小学校、大学、幼稚園やほかの教育関連機関が含まれる。

ゼレンスキー氏によると、首都キーウ(キエフ)で会談したポルトガルのコスタ首相がウクライナの学校や幼稚園の再建への支援を申し出たという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]