マルコス氏が勝利宣言、「私の行動で判断を」 フィリピン大統領選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
選挙本部前で勝利を喜ぶフェルディナンド・マルコス氏=11日、フィリピン/Aaron Favila/AP

選挙本部前で勝利を喜ぶフェルディナンド・マルコス氏=11日、フィリピン/Aaron Favila/AP

(CNN) 9日に投開票が行われたフィリピンの大統領選挙で11日、フェルディナンド・マルコス氏が勝利を宣言した。

フィリピン国内では「ボンボン」の愛称で知られるマルコス・ジュニア氏は、かつての独裁政権を築いた故フェルディナンド・マルコス元大統領の息子。陣営が同日発表した声明の中で「全国民の大統領」になると宣言した。

非公式集計によると、開票率98%の時点でマルコス氏は3100万票を獲得した。2位の現職副大統領レニ・ロブレド氏の得票は約1400万票だった。

マルコス陣営は声明の中で「これは全国民にとっての勝利であり、民主主義にとっての勝利だ。ボンボンに投票した人にも、しなかった人にも、同氏は全フィリピン人のための大統領になると公約している」と強調。同氏は世界に向けて「私の祖先ではなく、私の行動で判断してほしい」と訴えた。

マルコス氏は選挙戦で「団結」を掲げ、雇用増大、物価の引き下げ、農業とインフラへの投資拡大を公約していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]