北朝鮮、弾道ミサイル発射 日本と韓国が発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先月の軍事パレードに姿を見せた北朝鮮の金正恩総書記/Korean Central News Agency/Korea News Service/AP

先月の軍事パレードに姿を見せた北朝鮮の金正恩総書記/Korean Central News Agency/Korea News Service/AP

ソウル(CNN) 北朝鮮は4日、弾道ミサイル1発を朝鮮半島の東方沖に向けて発射した。日本と韓国が発表した。

韓国軍合同参謀本部は、発射地点を北朝鮮の首都・平壌近郊の順安とした。

今回の発射は、北朝鮮が先月25日に軍事パレードを行って以来初めて。この時、金正恩(キムジョンウン)総書記は核兵器の開発を強化すると表明していた。

パレードは朝鮮人民軍の創建90周年を記念して平壌で行われ、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」や大型のロケット発射台、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などが登場した。

4日の発射実験は今年に入ってから13回目となる。このうち3月16日の発射は失敗に終わったとみられている。

試射の回数は2021年は8回、20年は4回にとどまっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]