正恩氏、核開発の強化を表明 パレードに新型ICBMも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
/Rodong Sinmun

  /Rodong Sinmun

韓国ソウル(CNN) 北朝鮮で25日、最新型のミサイルなどを披露する軍事パレードが開催され、金正恩(キムジョンウン)総書記は核兵器の開発を強化すると表明した。

パレードは朝鮮人民軍の創建90周年を記念して首都・平壌で行われ、米本土全体を射程に収めるとされる新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」や大型のロケット発射台、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などが登場した。

25日に撮影され、26日に朝鮮中央通信が公開した軍事パレードの写真。ICBM「火星17」が写っている/KCNA VIA KNS/AFP/Getty Images
25日に撮影され、26日に朝鮮中央通信が公開した軍事パレードの写真。ICBM「火星17」が写っている/KCNA VIA KNS/AFP/Getty Images

朝鮮中央通信(KCNA)によると、正恩氏は演説で、北朝鮮に対して軍事的に立ち向かう者は消滅するだろうと警告し、核戦力は「国家の力を象徴し、軍事力の基礎にもなる」と主張した。

同氏はまた、「核戦力の第一の使命は戦争を防ぐこと」だが、北朝鮮の根本的な利益を奪おうとする者がいたら「第二の使命」を実行せざるを得ないと述べた。ただし、その使命の具体的な内容には言及しなかった。

パレードで特に目立ったのは、北朝鮮が史上最大の軍事的成果のひとつとして誇る火星17だ。北朝鮮は先月、その発射実験に成功したと発表した。国営メディアはこれを「強力な核戦争抑止力」と呼び、正恩氏は米国との軍事衝突の準備が完了したと宣言していた。

ただしアナリストらは、このミサイルが核弾頭を標的まで運べるかどうかを疑問視している。米韓両国は先月の発射実験にも懐疑的な見方を示し、実際は2017年に初実験を行った「火星15」だった可能性もあると指摘してきた。

米カーネギー国際平和財団の専門家、アンキット・パンダ氏はパレードの写真に基づき、まだ発射実験に至っていない固体燃料ミサイルが3基あるとの見方を示した。固体燃料型は移動しやすいため敵に見つかりにくく、発射準備に要する時間も短いという利点がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]