米、ロシアがウクライナ政府乗っ取りを画策と非難 制裁発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリンケン米国務長官、世界がウクライナを懸念すべき理由を訴え

(CNN) 米財務省は20日、ロシアの指示でウクライナ情勢の不安定化を図ったとして、ウクライナの現職国会議員など4人への制裁を発表した。ロシアがウクライナ政府の乗っ取りを図り、同国の現旧政府当局者を取り込んだと非難している。

財務省は声明で「ロシアはウクライナ政府を乗っ取り、同国の重要インフラをロシア占領軍で支配する準備を整えるため、現旧ウクライナ政府当局者を取り込むよう情報機関に指示した」と指摘。ロシア政府の指示を受けてウクライナの不安定化を図る影響力工作に関与したとして、現旧のウクライナ当局者4人に制裁を科した。

財務省によると、この4人のうち2人はウクライナの現職国会議員。4人は米国の制裁対象となっているロシア情報機関の指示の下、「ロシア政府の政治目標を支持して主権国家を不安定化させる世界的な影響力工作」で「さまざまな役割」を果たしていたという。

財務省は、ロシアが高い地位にあるウクライナ当局者を勧誘していると指摘。機密情報にアクセスしてウクライナの主権を脅かし、こうした当局者を利用してロシアによる侵攻の前に混乱を引き起こす狙いがあるとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]