デモ参加者数十人死亡、ロシア軍事同盟は鎮圧支援を開始 カザフスタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
続くデモに対して治安部隊が動員された=6日/Valery Sharifulin/TASS/Getty Images

続くデモに対して治安部隊が動員された=6日/Valery Sharifulin/TASS/Getty Images

軍は拡声器を通じて人々に広場を離れるよう要求し、発砲すると警告。情報筋はタス通信に対し、広場から逃げる途中の人の話として、治安部隊がデモ隊に発砲して一部の人が倒れたと明らかにした。

今回のデモは強権的なトカエフ大統領の統治に対する過去最大の挑戦となる。人権団体によると、市民の怒りは当初、燃料価格の高騰に向けられていたが、汚職や生活水準、貧困、失業をめぐる幅広い不満に拡大した。カザフスタンは旧ソ連構成国で、豊富な石油資源を持つ。

トカエフ氏は5日、燃料価格高騰に抗議するデモが全土で数日続いたことを受け、ロシアやベラルーシ、アルメニア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタンなどで構成されるCSTOに支援を要請していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]