牛肉と偽り馬肉数トンを料理店に販売、6人逮捕 ブラジル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラジルで、盗んだ馬を殺して牛肉と偽ってレストランへ売りつけていた6人が逮捕された/Google

ブラジルで、盗んだ馬を殺して牛肉と偽ってレストランへ売りつけていた6人が逮捕された/Google

(CNN) ブラジル南部リオグランデドスル州の公共衛生当局などは21日までに、盗んだ馬を殺し、牛肉と偽ってレストランへ売りつけていた6人が逮捕されたと発表した。

声明で、6人はカシアスドスル地域のレストランへ1週間あたり800キロ以上の馬肉を渡していたと指摘。牛肉料理のメニューがあるレストランのうち最大で6割が、中身が馬肉と知らずにステーキ用やハンバーガー用などとして購入していたという。

検査官はまた、腐った豚肉やターキーなどがハンバーガーの中に紛れ込んでいることも突き止めていた。

今回の摘発につながった捜査は2カ月前、地元の農産品の安全管理・検査当局が警告を発したことが契機となった。捜査を仕切った検察当局者によると、ハンバーガーを販売していた同地域のレストランを調べたところ、馬肉のDNAの混入を確認したという。

容疑者6人は、許可なく違法な食肉処理場を運用した罪にも問われている。貧弱な衛生対策の環境の中であらゆる種類の肉を加工し、売りさばいていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]