中ロ海軍艦隊、太平洋西部で初の共同パトロール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア国防省は、ロシアと中国の海軍が太平洋の西部海域で、初の合同パトロール作戦を実施したと発表した/Russian Defense Ministry/Reuters

ロシア国防省は、ロシアと中国の海軍が太平洋の西部海域で、初の合同パトロール作戦を実施したと発表した/Russian Defense Ministry/Reuters

(CNN) ロシア国防省は23日、同国と中国の海軍が太平洋の西部海域で今月17日から23日にかけ初の合同パトロール作戦を遂行したとの声明を発表した。

作戦には両国からそれぞれ5隻の艦船が参加。作戦を展開した距離は1700カイリ(約3148キロ)とした。作戦では、両海軍艦船が初めて津軽海峡を通過したとも述べた。
同海峡は日本海と太平洋をつなぐ。

声明は合同パトロール作戦の目的について、「ロシアと中国の旗を示し、アジア太平地域における平和と安定の維持や両国の海洋経済の活動の保護」と主張した。

さらに、パトロールに加え、合同の戦術演習や一連の軍事演習も行ったと説明した。

両国間の軍事協力関係は続いており、過去には合同軍事演習も複数回実施。なかでも注目されたのは2018年の演習「ボストーク2018」で、両国軍が仮想の敵を相手にする模擬戦闘を実施した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]