CNN EXCLUSIVE

武漢の血液サンプル、中国が検査へ コロナ起源調査の一環で CNN EXCLUSIVE

中国湖北省武漢市を流れる長江(揚子江)=2020年3月4日/Getty Images

中国湖北省武漢市を流れる長江(揚子江)=2020年3月4日/Getty Images

この2年間の期間は近く、新型コロナウイルスが初めて人間に感染した時期との見方が多い19年10~11月について終わりを迎える。中国国家衛生健康委員会の当局者はCNNに対し、現在は検査の準備を進めているところだと明かし、2年間の期間が終わり次第、検査が実施されると確認した。

米コロンビア大学のモウリーン・ミラー准教授(疫学)は「(血液サンプルは)確実に重要な手がかりを含んでいる」と指摘。中国に対し外国人専門家の立ち会いを許可するよう求め、「少なくとも資格のあるオブザーバーが立ち会わない限り、誰も中国の報告する結果を信じないだろう」と述べた。

WHOの調査に関わった中国チームの責任者、梁万年氏は7月の記者会見で、中国は血液サンプルの検査を行う方針だと説明。そのうえで、中国の専門家は「検査結果が得られた後、中国と外国の両方の専門家チームに結果を渡すだろう」と述べていた。

正しく保管されていれば、これらのサンプルは人間が新型コロナウイルスに対して獲得した最初期の抗体に関する重要な兆候を含んでいる可能性がある。

梁氏は7月、武漢で初めてコロナの症例が報告されたのは12月8日だが、「我々の研究者や中国人学者の以前の関連する研究では、おそらく12月8日の症例は最初のものではなかったことが十分に示唆されている。それ以前にも他の症例が発生していた可能性がある」と述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]