アフガン首都で大規模デモ、タリバンが参加者を拘束

SNSに投稿された動画にはタリバン側が発砲した際の様子が映っている/Asvaka News Agency/REUTERS

SNSに投稿された動画にはタリバン側が発砲した際の様子が映っている/Asvaka News Agency/REUTERS

(CNN) アフガニスタンの首都カブールで7日、イスラム主義勢力タリバンが政権を掌握して以降で最大規模の抗議デモがあり、タリバン側は空中に発砲するなどして反対派の取り締まりを行った。

SNSに投稿された写真や動画によれば、デモ参加者は、パンジシール州でタリバンに対して抵抗を続ける戦闘員への支持を唱えたほか、パキスタンに抵抗する姿勢も示した。デモ参加者はパキスタンがアフガンの国内問題に干渉しているとみている。

カブール中心部からの動画には、数十人の男性や女性が町中を行進し、「パキスタンに死を」と声を上げている様子が捉えられている。デモ参加者は大統領府へと向かった。

タリバンの戦闘員が警戒にあたる中、デモを行う女性​​ら=7日、アフガニスタン・カブールのパキスタン大使館近く/Hoshang Hashimi/AFP/Getty Images
タリバンの戦闘員が警戒にあたる中、デモを行う女性​​ら=7日、アフガニスタン・カブールのパキスタン大使館近く/Hoshang Hashimi/AFP/Getty Images

混乱した市内の場面では、タリバンの戦闘員が介入して、デモ参加者を解散させようと空中に発砲した。発砲が続くなか、人々は散り散りになったり、しゃがみこんだりしている。死傷者の報告はない。

目撃者によれば、デモに参加していたのは推計300~500人で、多くは女性であり、髪を覆うヒジャブを着用していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]