九州などで豪雨、500万人以上に緊急安全確保や避難指示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水害で身動きの取れなくなった住民を消防隊員がボートで救出する=福岡県久留米市/Kyodo News/AP

水害で身動きの取れなくなった住民を消防隊員がボートで救出する=福岡県久留米市/Kyodo News/AP

(CNN) 日本の南西部が豪雨に見舞われ、洪水や土砂崩れの恐れを理由に、計500万人以上に緊急安全確保や避難指示が発令された。

NHKによると、佐賀、長崎、福岡、広島各県では100万人以上を対象に、最高段階の避難情報となるレベル5の「緊急安全確保」が発令された。

この他の17県でも400万人以上を対象に、レベル4の「避難指示」が発令された。

被害の大きな地方からの写真には、住民が太ももまで水に漬かりながら冠水した道路を移動し、子どもや所持品を運ぶ様子が写っている。

九州の一部では14日、1時間で40ミリ以上の雨量を観測。国の気象当局者によると、15日朝までの24時間の雨量は最大250ミリに達する可能性がある。

NHKによると、気象庁気象監視・警報センターの足立勇士所長は、前例のない規模の大雨だと指摘し、人々に避難情報に従うよう呼び掛けた。

菅義偉首相は13日のツイートで、地方自治体との調整を目的に災害対策本部を設置したと明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]