英、「ワクチンパスポート」を検討 夏の旅行シーズンに向け

英国のクワルテング・ビジネス相=16日、英ロンドン/Wiktor Szymanowicz/Barcroft Media/Getty Images

英国のクワルテング・ビジネス相=16日、英ロンドン/Wiktor Szymanowicz/Barcroft Media/Getty Images

(CNN) 英国のクワルテング・ビジネス相は17日、夏の旅行シーズンに向けて、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたことを示す「ワクチンパスポート」の導入に向け、検討を進めていることを明らかにした。

クワルテング氏は英BBC放送とのインタビューで、国民の信頼を維持できる公正な方法を話し合っていると説明。「人々が安全に旅行できることは大変重要だ」とする一方、「データ主導で進めるべきだと考える。新型ウイルスの動向を注視する必要がある」と強調した。

英クルーズ会社P&Oフェリーズは17日、クルーズ船2隻の運航を再開する6月27日以降、2回目のワクチン接種を済ませた乗客のみを受け入れる方針を示した。

P&Oの親会社、カーニバルUKのペールソープ社長は同日、BBCとのインタビューで、顧客からは同乗者を接種済みの人に限定してほしいとの強い要望が寄せられていると指摘。乗客に提示を求める証明書の様式については、政府が近く発表する旅行業界向け証明システムの概要を踏まえて決めたいと語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]