英・EUの貿易交渉、合意間近 24日にも発表か

英国と欧州連合(EU)との間の貿易交渉が合意に至る見通しとなった/Dan Kitwood/Getty Images

英国と欧州連合(EU)との間の貿易交渉が合意に至る見通しとなった/Dan Kitwood/Getty Images

ロンドン(CNN) 欧州連合(EU)を離脱した英国とEUとの自由貿易協定交渉で合意成立が近づき、24日にも発表される可能性が出て来た。英政府筋と欧州外交筋がCNNに明らかにした。

同交渉はこれまで難航し、英国がEU加盟時と同様の処遇を貿易面などで受けられる移行期間の期限は12月31日に迫っていた。

英首相府の高官は23日、交渉の現状について同日深夜、内閣に説明があったとCNNに明かした。合意に関する法的文書を調整する協議は24日未明まで続くだろうと述べた。EUの行政執行機関、欧州委員会の報道担当者は細部の最終的な決着を目指す詰めの作業が進められているとした。

ここ数カ月間続いている交渉では、英近海での漁業権やEU離脱後の英企業に対する国家補助金の問題などで折り合いがつかない状態が続いていた。

交渉妥結なら、合意案は来年1月1日に発効する前にEU加盟国の承認を受ける段階へ移る。移行期間の終了前にこの承認作業は完了しないとの懸念も一時あったが、欧州議会を含むEUの関係機関などは協定発効に間に合うよう年末に関連会合を開くことで合意していた。

仮に交渉が失敗して移行期間が切れた場合、英国とEUの間の貿易に関税が年初から復活し、双方の経済や社会に大きな混乱が生じると危惧されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]