独軍内にユダヤ教指導者の軍務復活、ナチスの廃止以来

独議会が、ナチス時代に禁じられたユダヤ教指導者の軍務への導入を復活させた/Odd Andersen/AFP/Getty Images

独議会が、ナチス時代に禁じられたユダヤ教指導者の軍務への導入を復活させた/Odd Andersen/AFP/Getty Images

(CNN) ドイツ連邦議会は30日までに、兵士の精神的な健康管理などに当たるユダヤ教指導者(ラビ)の軍務を同国軍内に公式に導入する法案を承認した。ナチス・ドイツが1930年代にこの軍務を禁止してから初めて復活することとなった。

軍兵士の心理療法などに関する法律の内容が拡大されたのは1957年以降で初めて。クランプカレンバウアー独国防相は伝統への回帰と同時に、社会で増大する「反ユダヤ主義、過激主義やポピュリズムに対抗する措置」と説明した。

ラビはユダヤ人兵士約10万人がドイツのために戦った第1次世界大戦中は軍に所属していた。しかし、ヒトラーが権力を掌握した1933年に廃止されていた。

ドイツ軍は最近、過激主義の兵士がいることを認めた。昨年にはこの問題に対処する中央調整部門も発足させていた。

同軍による今年3月の報告書によると、過激主義や反憲法的な思念が原因で除隊となった軍人は計49人。このうち46人は極右の過激主義を信奉していたという。

国防省によると、ラビの役割は軍付きのカトリック教、プロテスタントの司祭や牧師と似ている。ラビは兵士が外国での任務を遂行する場合、同行するともした。

今回の法律承認を受けラビは6年間は一時的な軍契約の当事者として従軍する。将来的には恒久的な軍務になる可能性があるともした。また、ラビと同様、イスラム教導師の導入も検討しているという。

ドイツ政府は宗教別の軍兵士の内訳は公式には記録していない。ただ、兵士の自主的な報告に頼った推計数字によると、現在従軍するユダヤ教徒の兵士は約300人、イスラム教徒は3000人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]