アフリカでの新型コロナ感染、1年で19万人死亡の可能性 WHO

新型コロナの影響をうけて一時避難所に移送されるホームレスの人々=南アフリカ/Brent Swails/CNN

新型コロナの影響をうけて一時避難所に移送されるホームレスの人々=南アフリカ/Brent Swails/CNN

(CNN) 世界保健機関(WHO)は7日、アフリカでの新型コロナウイルス感染拡大について、効果的な封じ込め策が講じられなければパンデミック(世界的な大流行)最初の年に最大4400万人が感染し、19万人が死亡する可能性があると警鐘を鳴らした。

WHOのアフリカ地域事務局長を務めるマシディソ・モエティ博士は声明で、「アフリカでの新型コロナウイルス感染は他の地域ほど急激に拡大することはないとみられるものの、局地的に感染者が増える公算が大きい」と指摘。

域内の多くの政府が積極的に対策を講じなくては、向こう数年にわたって人々の生活を脅かし続ける存在になりかねないとし、ウイルスの検査、感染経路の追跡、患者の隔離と治療といった態勢の構築が必要だとの認識を示した。

WHOは、パンデミック最初の年にアフリカ地域で2900万~4400万人が新型コロナウイルスに感染すると予測。最大550万人が病院での治療を要し、死者は最大で19万人に達する可能性があるという。

3月に行われたアフリカの保健サービスに関する調査によれば、域内47カ国での集中治療室(ICU)の数は人口100万人当たり平均9床。

このままでは多くの病院で医療崩壊が起こるとみられており、WHOも状況を危惧するコメントを発している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]