スペイン封鎖一部解除、30万人が職場復帰 欧州各国で緩和の動き

スペイン封鎖一部解除、30万人が職場復帰

スペイン(CNN) スペインの首都マドリード地区で13日、新型コロナウイルス対策の外出制限が部分的に解除され、推定約30万人が職場に復帰した。マドリードの当局者がCNNに明らかにした。

スペインの封鎖措置は2カ月目に入って一部が緩和され、建設や製造など在宅勤務が不可能な業種で職場復帰が認められた。

一方、商店やバー、レストランなど必要不可欠とみなされない業種は引き続き休業する。

米ジョンズ・ホプキンス大学によると、スペインでこれまでに確認された新型コロナウイルスの症例数は約16万9000人と、米国に次いで世界で2番目に多い。

スペインの死者は1万7400人を超えた。13日の死者は517人と、1日の増加率としてはこの3週間で2番目に少なかった。

同国のサンチェス首相は、通常の生活への復帰は段階的な形で行うと強調。衛生対策を徹底させ、新規の症例を見極めて、感染の拡大を防止しながら行うと説明した。

首相は先週の時点で、「どんな種類の正常に復帰するのかさえ分からない」と発言していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]