ベンチで2分以上の着席禁止、感染対策 仏

感染拡大抑止のため2分以上座ることが禁じられた仏南西部ビアリッツのベンチ/Gaizka Iroz/AFP/Getty Images

感染拡大抑止のため2分以上座ることが禁じられた仏南西部ビアリッツのベンチ/Gaizka Iroz/AFP/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスの犠牲者が1万人を超える甚大な被害に直面しているフランスの各自治体は政府が講じた全土規模の隔離政策に加え、独自の対策を打ち出している。

大西洋に面している南西部ビアリッツ市ではベンチに2分間以上座ることを禁じた。

パリ南郊のソーでは10歳以上の住民が自宅を離れる際、鼻や顔を覆うものを着用することを義務づける条例を発表。

パリでは、8日以降の午前10時から午後7時まで野外での個人的なスポーツ活動の実施を禁止した。

これらの措置に違反した場合、135ユーロ(約1万5930円)の罰金を科される可能性がある。違反行為を繰り返せば375〜1500ユーロに上積みされることも有り得る。

同国の公共衛生当局の幹部は「誰もが厳しい隔離措置を間違いなく順守することの理解が必要」と強調。「手綱を緩めれば患者や医療当事者に極めて危険な状況を招く」と主張した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]