イスラエル軍とパレスチナ武装勢力が交戦、遺体運ぶブルドーザーの動画が拡散

ロケット弾による攻撃を受けて、イスラエル軍がパレスチナ武装勢力に対し空爆を行った/Said Khatib/AFP/Getty Images

ロケット弾による攻撃を受けて、イスラエル軍がパレスチナ武装勢力に対し空爆を行った/Said Khatib/AFP/Getty Images

(CNN) イスラエル軍は、23日夕刻にロケット弾20発以上がパレスチナ自治区ガザからイスラエルに向けて撃ち込まれたと発表した。イスラエル軍は、対空防衛システム「アイアンドーム」でロケット弾の半部以上を迎撃したとしている。

この数時間前、イスラエル軍のブルドーザーが、死亡した男性の遺体を乱暴に扱う動画がSNSで拡散していた。

イスラエル軍は、ガザを拠点とする武装勢力「イスラム聖戦」を標的とする一連の攻撃を行ったことを明らかにした。ロケット弾を撃ち込んだのはイスラム聖戦だったと判断した。

イスラム聖戦は公式サイトに掲載した声明で、同組織の軍事部門がロケット弾を発射したことを確認。さらなる「侵攻」を受ければ報復すると予告した。

パレスチナ保健省は、4人が負傷してガザの病院で手当てを受けていることを明らかにした。ロケット弾発射との関係は不明。イスラエル側で負傷者は報告されていない。

これに先立ちイスラエル軍は23日午前、男性2人がガザとイスラエルを隔てるフェンス近くに爆弾を仕掛けようとしていたとして銃撃し、1人を殺害した。

死亡したのはイスラム聖戦の戦闘員の27歳の男性だった。ガザの関係者によると、もう1人の男性も重傷を負ってガザの病院で手当てを受けている。

地元のジャーナリストは、地面に横たわる遺体の動画を撮影してSNSに投稿した。この動画には、イスラエル軍のブルドーザーが遺体に近づく様子が映っている。ブルドーザーはショベルを使って遺体を持ち上げようとしたがうまくいかず、ショベルが遺体の上に落下したように見える。

やがてブルドーザーはショベルから遺体がぶら下がった状態で、イスラエル側へ戻って行った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]