連続銃撃の死者9人に、容疑者は自殺 背後に極右思想 ドイツ

ドイツ連続銃撃、死者9人に 背後に極右思想か

ベルリン(CNN) ドイツ中部のハーナウで起きた連続銃撃事件で、検察は20日、事件の背後には極右思想があったとの見方を明らかにした。極右過激派が台頭する中、ドイツ全土で抗議の声が巻き起こっている。

事件はフランクフルト近郊ハーナウの移民が多く住む地域で19日午後10時ごろに発生。シーシャ(水たばこ)バー2軒が相次いで銃撃され、9人が死亡した。連邦検察はテロ事件として捜査している。

当局によると、容疑者は43歳の男で、事件後に帰宅して自殺したとみられる。遺体は20日にこの男の自宅で発見され、男の72歳の母親も死亡していた。2人とも銃弾の痕があった。

メルケル首相は容疑者について、極右過激主義者で人種差別的動機があったと思われると述べ、憎しみはドイツ社会における害悪だと位置付けた。検察によれば、容疑者に前科はなかったが、インターネット上で外国人排斥を主張していた。

シーシャバーはハーナウに住むトルコ人の間で始まり、ここ数年はドイツの若者の間でも人気が高まっていた。

トルコは今回の事件を「人種差別攻撃」と位置づけ、犠牲者のうち5人がトルコ国籍だったことを明らかにした。ドイツ検察によると、犠牲者は21~44歳で、外国人とドイツ人の両方が含まれる。ほかに6人が負傷して、うち1人は重傷を負った。

CNN系列局のRTLは警察の話として、容疑者が犯行声明と動画を残していたと伝えた。容疑者の自宅は封鎖され、特殊部隊が捜索している。警察は、共謀者がいた形跡はないとしている。

ハーナウで20日夜に開かれた犠牲者追悼集会は過激主義に対する抗議運動になり、人種差別や外国人排斥を非難する横断幕を掲げる参加者もいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]