ヘビを詰め込んだ枕カバー、消防署前で相次ぎ発見 計29匹を保護 英

英イングランドの消防署前にヘビ16匹が枕カバーに詰め込まれた状態で発見された/RSPCA

英イングランドの消防署前にヘビ16匹が枕カバーに詰め込まれた状態で発見された/RSPCA

(CNN) 英イングランドで消防署の前に、枕カバーに詰め込まれたヘビ16匹が捨てられているのが見つかった。この消防署前ではその数日前にもヘビ13匹が発見されたばかりだった。

動物愛護団体RSPCAによると、アカダイショウ15匹とカーペットニシキヘビ1匹の入った枕カバーは15日、イングランド北東部サンダーランドにあるファーリンドン消防署の裏にあるごみ箱に捨てられていた。

16匹とも動物病院に運ばれて検査を受けた結果、健康状態は比較的良好だった。

同じ場所では13日にもボールニシキヘビ13匹が見つかっていた。

発見されたヘビのうち1匹は助からなかった。ヘビたちが捨てられたのは、同地が激しい暴風雨に見舞われていたさ中だった。RSPCAの担当者は「生きるために熱と光を必要とするヘビたちが、枕カバーに入れられただけの状態で寒い屋外に放置された」「狭い所に一緒に入れられた状態は、ヘビたちにとって強いストレスだった」と話している。

英国では先の週末にかけ、激しい暴風雨のために各地で大規模な洪水などの被害が出ていた。

RSPCAでは、ヘビが繰り返し捨てられた謎の解明につながる情報の提供を募っている。

ヘビは自力で体温を調節できず、体温が下がりすぎると餌を取ったり動いたりすることができなくなって、免疫が正常に機能しなくなることがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]