トラック後部から見つかった男15人逮捕、英で相次ぐ不法入国の実態

英イングランド南西部でトラックから男15人が発見され、不正入国の疑いで逮捕された/Google Maps

英イングランド南西部でトラックから男15人が発見され、不正入国の疑いで逮捕された/Google Maps

ロンドン(CNN) 英イングランド南西部を走行していたトラックの後部から男15人が発見され、7日に不正入国の疑いで逮捕された。英国では先月、トラックのコンテナから39人の遺体が見つかる事件も起きており、密入国を図る不法移民の実態が浮かび上がっている。

地元のウィルトシャー警察によると、トラックの後部から見つかったのは16~30歳の男15人。国籍は分かっていない。トラックを運転していたアイルランド人の50歳の男も、不正入国に手を貸した容疑で逮捕された。

15人のうち1人はいったん病院に運ばれたものの、健康状態は全員良好だという。

警察は現地時間の6日午後8時半ごろ、市民からの通報を受けて、チッペンハム付近の幹線道路を走行していたトラックを摘発した。

ロンドン郊外では10月下旬、トラックのコンテナの中でベトナム人と思われる39人の遺体が見つかっていた。

ベトナムの警察はこの事件に関連して8人を逮捕した。

トラックを運転していたモーリス・ロビンソン被告(25)は英国で、39人に対する過失致死の罪に問われている。

英警察はさらに、北アイルランドの男2人がこの事件にかかわったとみて、過失致死と人身売買の容疑で指名手配した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]