死者千人超、アジアで最悪のデング熱流行 気候変動で世界に拡散

蚊が媒介するデング熱が、アジア地域で過去最悪の感染拡大を引き起こしている/Shutterstock

蚊が媒介するデング熱が、アジア地域で過去最悪の感染拡大を引き起こしている/Shutterstock

(CNN) アジア諸国でデング熱の流行が急激に広がっている。死者は1000人を超え、病院は感染者で満員状態になった。

バングラデシュの病院で撮影された写真には、病室が患者であふれ返り、ベッドの上に蚊帳がつるされた様子が写っている。

母親は子どもをうちわであおぎ、床に座ってベッドが空くのを待つ患者もいる。

バングラデシュの流行は過去最悪の事態を招いている。感染者は8月だけで、2018年の1年間の5倍に上り、今年に入ってこれまでに57人が死亡した。

カンボジア、ラオス、マレーシア、シンガポール、スリランカ、タイ、ベトナムも同じような状況で、いずれも報告された死者や感染者が昨年を上回った。

フィリピンでは今年に入ってからの死者が1107人、感染者は25万人を超え、全土でデング熱の流行を宣言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]